ブログ

~パン作りはここから始まります🍞~

22.06.15

こんにちは!パン工房の藤江です(^^♪

 

6月の中旬、島根県では蛍が見られる季節です!

晴れて☀風のない夜の20時頃からが見頃です(^^)

写真が準備できなくて残念💦

 

さて、ご存じの通りパン工房では、毎日パンの仕込みを

おこなっていますが、パンを作るうえで心臓部分になる

重要な工程があります!

 

それは、天然酵母(あこ天然培養酵母)の“生種起こし”と

いわれる工程です!

 

種起こし4

 

粉末状の酵母に温水を加えて、眠りから覚ましてあげることで

パン生地を醗酵させてくれます。

 

種起こし1

 

種起こし2

 

低温恒温機と呼ばれる、温度を一定に保つ機械に入れ、

24時間置きます🌙

 

種起こし3

 

その後、冷蔵庫で冷やし安定させてから使用します。

 

冷蔵庫から出したての時は、底の方に沈殿しているので

滑らかになるまでかき混ぜてから使用します。

 

種起こし5

 

かき混ぜた後↓

 

種起こし6

 

並べてみるとわかりやすいですね(^^)/

右が出したて、左がかき混ぜた後です♪

 

種起こし7

 

甘酒みたいですよね?

味見をしてみるとまさに日本酒のような風味が広がります!

 

天然酵母は市販のイーストと違って、パンを醗酵させるための菌だけでなく

乳酸菌や酢酸菌といった菌類を含んでいます。

これらから生成される有機酸が天然酵母特有の味や風味を生み出しています。

他にも、焼き上げたパンのおいしさが長持ちしたり、国産小麦との相性が良く、

繊細な甘みや風味を感じることができます。

また、じっくり長時間醗酵させることで小麦の中心まで水分が浸透して、

焼き上げた後もしっとり感が持続する効果もあります!

 

まるべりー工房のパンはこの天然酵母(あこ天然酵母)がないと

始まりません!

毎日250kg以上の生地を醗酵させてくれている酵母に感謝感謝です(#^^#)

 

藤江

ページの先頭に戻る